今回、 Photolog のフレーバーを 改装した 際、 Google Font API を 使用してみました。

 利用方法は Google Font API にもありますが、 いたって簡単で、blosxom の場合、 head フレーバーで各種スタイルシートを読み込む最後に以下の記載を追加します。
# フォントは Tangerine を使用。
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Tangerine">
 次にこのフォントを使用する要素に対してスタイルシートでフォントを指定します。
 今回は h1 要素に対して使用しましたのでスタイルシートで以下のように指定しました。
h1 {
  font-family: Tangerine, "Times New Roman", serif;
}
 Times New Roman と serif の指定は Tangerine を使用できない、 もしくは読み込めなかったときのためのものです。

 Great VibesAlex Brush のようなフォントを 読み込む場合や、複数のフォントを読み込む場合などは以下のようにすればよいようです。
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Tangerine|Great+Vibes">
「よいようです」というのは Google Font API のドキュメントに書いてあっただけなので、 今度、自分でも試してみることにします。