Ellinikonblue.net Devlosxom

ここはまだ壮大な夢の途中…

Posted on Sep 04, 2012 at 21:43

Twitter Bootstrap という HTML/CSS フレームワークがあるそうな

IDEA*IDEA 「 Twitter Bootstrap の 2.1 が正式に登場」

 Twitter Bootstrap ってなに? …すみません。。。ここからスタートです (_ _;>

 世の中にはそれを使えば(ある程度)簡単に段組などが実現できる CSS/HTML フレームワークというのがあって、 有名どころとしては以下のようなものがあるんだそうです。  Twitter Bootstrap は、 Twitter 社が社内利用していたものを オープンソースでリリースしたもの(らしい)です。

 sass を使用して CSS を書くようになって、 自分なりにライブラリ的なものを作り始めてはいたのですが、 この Twitter Bootstrap のような CSS/HTML フレームワークを試してから考えた方が、 お得意の「車輪の再発明」をしなくてよいかなと言う気がします。

 ということで、今度は blosxom の HTML5 フレーバーの研究とあわせて、 ちょっとこの Twitter Bootstrap を 試してみようと思っています。

アシアルブログ 「超便利! Twitter Bootstrap でさくさく Web 開発」

「 米 Twitter 、同社発の CSS/HTML フレームワーク『 Bootstrap 2.0 』を公開」SourceForge.JP Magazine より)

Posted on Aug 25, 2012 at 20:02

blosxom で Google Font API を使う

 今回、 Photolog のフレーバーを 改装した 際、 Google Font API を 使用してみました。

 利用方法は Google Font API にもありますが、 いたって簡単で、blosxom の場合、 head フレーバーで各種スタイルシートを読み込む最後に以下の記載を追加します。
# フォントは Tangerine を使用。
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Tangerine">
 次にこのフォントを使用する要素に対してスタイルシートでフォントを指定します。
 今回は h1 要素に対して使用しましたのでスタイルシートで以下のように指定しました。
h1 {
  font-family: Tangerine, "Times New Roman", serif;
}
 Times New Roman と serif の指定は Tangerine を使用できない、 もしくは読み込めなかったときのためのものです。

 Great VibesAlex Brush のようなフォントを 読み込む場合や、複数のフォントを読み込む場合などは以下のようにすればよいようです。
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Tangerine|Great+Vibes">
「よいようです」というのは Google Font API のドキュメントに書いてあっただけなので、 今度、自分でも試してみることにします。
Posted on Jul 10, 2012 at 20:09

最近、アクセス数が減る理由

 コンテンツがつまらんのはわかってます。それはお許しください。話が終わります (^^;A

 あっち へのアクセス数が、 年明けくらいからじわじわ減り続けています。
 これまで人気だったコンテンツが廃れてきたというのは確かにあるのですが、 これもコンテンツの充実というすぐには突破口が開けない話になってしまうので、 ひとまずおいときます。

 ちょっと考えてみた結果
  1. 端末が特にスマートフォンにシフトしてきている
  2. Facebook など SNS での露出が少ないため、 スコアが落ちてきている
  3. 更新 ping を発信しなくなって更新が伝搬されていない
くらいの原因が思いついた。

 1. に関してはトラフィックを見ている限り、元々そんなに多くないのはそうなんですが、 増えている気もしないですし、フレーバーのスマートフォン対応はちょっと簡単にはできそうにないので、 ひとまず保留。

 Facebook ページはひとまず作ったんですよね ( こちら )。
 こちらは経過観察中。

 年明けからブログの更新してからしなくなったことって、 更新 Ping を発信しなくなったんですよね。 Mac 買ってからぶろぐぴんぴん使えなくなったので、どうしたものかわからなくなったし。。。
 ということで、Mac から更新 Ping を発信する方法を現在、研究中。 AppleScript でちょっちょというのが簡単そうです。
Posted on Jun 30, 2012 at 20:22

Zenback もリニューアルしたらしいし…

ネタフル 「 『 Zenback』リニューアルしてデザインテーマ変更&関連記事に画像表示が可能に」

 ネタフル さんちでも話題になっておりますように、 Zenback がリニューアルして、いろいろカスタマイズの幅が広がっています。
 CSS をいじいじしてとかもできるようなので、 Photolog の フレーバーリニューアルとあわせてチャレンジしてみたいのでひとまずメモっときます。
Posted on May 30, 2012 at 23:52

Facebook ページを創り出す前に…

 To do リストを 作っておきながら 一ヶ月。ほぼ何の成果も出ていません。えぇいつものことです orz
 Facebook ページ作りは まだ下調べの段階。
 ひとまず以下くらいは一通り読んでから始めたい。。。

「 Facebook ページ(旧ファンページ)のはじめかた STEP01 」Facebook より)
「 Facebook ページの作り方」Facebook navi より)
「 Facebook ページ(旧ファンページ)の作り方」nanapi Web より)
「 Facebook ページの作り方、教えます | 今日からできる Facebook ファンページ制作&運用ガイド」ASCII.jp より)
Web クリエイターボックス 「 Facebook ページの作り方 2012 年 1 月版」

 その他、毎度お世話になっております 小粋空間 さんちにもテクニックがいっぱい。 まずは以下くらいには目を通す。

小粋空間
「 Facebook ページ(旧ファンページ)作成~ FBML を使えるようにするまでの流れ」
「 Facebook ページにブログの RSS フィードを表示する」

 ひとまずバラックのようなページであってもとりあえず作ってみればいいのですが、 そう言うことできない人で… (_ _;>
Posted on Apr 28, 2012 at 13:54

To Do リスト 2012/4/21

 やるやると言っておきながら、時間がとれず、 ここ も ネタ切れ気味なので、毎度お茶濁しの To Do リストの作成。
絶対やる(…やりたい ^^; )こと
  • GitHubblosxom 関連の リソース整理・公開
  • SNS 系ボタンの配置 CSS 見直し
  • Photolog の フレーバー見直し
  • Facebook ページの 作成
出来ればやりたいこと
  • MODx の バージョンアップとその手順整理
  • Devlosxom で 新フレーバー検討、試験実装
  • PukiWiki のコンテンツを MODx で 整理して作り直し
やりたいけど多分手が回りきらないこと
  • スマートフォン向けフレーバーの検討、実装
  • Google AdSence の再研究
いつかね… f^^;
  • Google +1 ページの作成
  • Javascript ライブラリを script.aculo.us ベースから jQuery ベースへ転換を試験
 げっぷ (-o-;
 あっち じゃなく こっち にあげてる時点で、 さほど実効性はない。
 うん、わかってる orz
Posted on Mar 24, 2012 at 23:39

bsnap_asin プラグインの動作検証結果

 やっぱりうまく動作していませんでした。しかし、プログラムのバグでもありませんでした。

 先般の Product Advertising API の仕様変更の際、さらっと書いてあった 「 2011-08-01 バージョンを除くすべての旧バージョンのサポートを終了させていただきます。」 との下りがくせ者でした。
 bsnap_asin プラグインは Amazon Web サービスへのリクエストの際、 XSLT スタイルシートを指定して、 応答としては HTML を返してもらうところがプログラムの肝なのですが、 このとき、リクエストの際にも、XSLT のスタイルシートにもバージョンを指定していなければならず、 「 旧バージョンでのリクエストはすべて 2011-08-01 バージョンに変換されます。」との 下りもありましたが、少なくとも XSLT スタイルシートを指定しての REST リクエストはいっさい変換されず、 中身のない( 0 バイトの)応答が帰ってきていました。
 ただこれはこれまで指定したことのない商品を指定したときで、 既に指定したことがあった商品の場合はキャッシュが 0 バイトファイルで上書きされることもなかったので、 気がつくのが遅くなりました。

 結局、既存のキャッシュが更新されなかった理由は今も謎なのですが、 XSLT スタイルファイルを見直して、リクエストするときのバージョンも 2011-08-01 で 統一すれば正常に動作するようになりました。一件落着 (^^)b

 ということで、プログラムの方はほとんど直していないのですが、 PukiWiki の方にのせてるものからは、 ちょこちょこと変わっていますし、今回、 XSLT スタイルファイルも見直しましたんで、 近いうちに更新します。

 XSLT スタイルファイルの見直しの際、以下のドキュメントを参考にさせていただきました m(_ _)m

Ajax の学習なら AjaxTower 「 Amazon Web サービス入門」
Posted on Mar 12, 2012 at 20:31

bfep_asin プラグイン改良テスト

 先般、 Product Advertising API 仕様変更があって、 また bsnap_asin プラグイン が 動かなくなるかと戦々恐々としていたのですが、 動かなくなることは幸いありませんでした。
 ただ、まだ確信はないのですが、動作がおかしいような気がしています。

 ちょっと PukiWiki 側に反映していない変更も たまってきたので、そろそろこのあたりで気合い入れて(必要があれば)修正します。

 その決意のテスト用エントリです (^^;
Adobe Photoshop Lightroom 4 Windows/Macintosh版
( アドビシステムズ )
Posted on Feb 17, 2012 at 22:05

そういえば LESS ってなに?

「 CSS の記述が 3 倍速くなる『 LESS 』の使い方」ASCII.jp より)

 最近知った sass (SCSS) で CSS を書くことにはある程度慣れて、自分なりのライブラリを作るとさらに便利になるのでは… と言う妄想と、今、生産物の知識ベースを GitHub 上に持ってこようと、 今必死で時間を作ろうともがいている(のでできてない orz )最中ですが、 その sass でがちゃがちゃやり始めたときに、 よく LESS と言う言葉を耳にはしたがよく調べもせず、 sass に染まってしまいました。

 sassLESS 、 何が違うのかは以下の記事がわかりやすそう。

(DxD)∞ 「 CSS 拡張メタ言語『 SCSS(Sass) 』と『 LESS 』の比較」

 JavaScript を仕込めば使えるというのは、 Ruby が必要な sass よりは いけてそうだが、最近はその他にも JavaScript を多用することが多い (特に JavaScript なしではできないことも多い)ので 安易に負荷をクライアント側に振るのはどうかと思う。

 理想を言えばテスト中は JavaScript で、 Fix した時点でコンパイルして使えるのが理想と言えば理想なんですが…

 あと、そういえば Compass ってなに? f^^; howtohp 「 CSS 書くなら Compass 使った方がいいよ。 SASS 使ってる人なら特に。」
Posted on Jan 03, 2012 at 19:09

DropboxPortableAHK で Git 環境を作り込んでみたけれど

 本気で取り組むと 宣言して、実験的に、というと格好いいですが、要はおっかなびっくり GitHub を使い始めたのですが、 環境を作り込んでいくうちに、ひょっとすると Dropbox と組み合わせると 非常に便利なのではないかと思い始めました。
 GitHub を使いこなしているわけではないので、 何の根拠もないのですが、 PortableGit なるものを発見したので、 リポジトリを DropboxPortableAHK で 同期するフォルダ以下に作っておけば、 どこでもコードを書いて、必要があればコミットできるのではないかと思うわけです。

 しかし、この方向で熟考していろいろ試して見たのですが、 自宅の固定系環境に通常の Dropbox クライアントと、 Git for Windows で環境を構築してしまえば、 出先でコミットしたいとか言うことはなかなかないのかなと思ったり。。。

 ひとまず、前々からまとめておこうと思っていてやっていない DropboxPortableAHK と、 それでもいろいろ試した PortableGit の仕込み方は、 しっかり むこう 向けのコンテンツとして まとめておいた方が良いでしょう。

 あとリポジトリってどうまとめておくのが美しいのか… まだまだ試行錯誤が続きそうです。