Ellinikonblue.net Devlosxom

ここはまだ壮大な夢の途中…

Posted on Jan 05, 2010 at 00:27

XREA で MODx のメディアマネージャを使う

 XREA.COM のサーバーに MODx を 設置する場合、PHP がセーフモードで動作しているため、 MODx の メディアマネージャで、ファイルのアップロード等ができません。
 MODx 日本公式サイト にも、 これに関して manager/media/ に以下のような内容の .htaccess ファイルを作成するように記述されています。
<FilesMatch "^\.php$>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</FilesMatch>
 しかし、これでは使えなかったんです。
 理由の一つは簡単。manager/media/ に .htaccess を置けば、 当然このディレクトリ以下でしか使えないのは当たり前。
 トップディレクトリに置けば、全ディレクトリでメディアマネージャの機能が使え…ません (^^;>
 これに加えて、メディアマネージャーからの書き込みを許可するディレクトリには、 757 の権限を設定する必要があります。ちょっとこれは危険なにおいがするので、 トップディレクトリに .htaccess ファイルを置いて、 必要なディレクトリだけファイルパーミッションを与えることにしています。

 もともと MODx を 導入した理由の一つは、このメディアマネージャがあれば、 blosxom への 記事のアップも FTP クライアントなしでできると思ったから。
 これで目的一つ達成?これはその実験エントリもかねて。

Posted on Dec 31, 2009 at 00:12

そういえば今年が終わる

 今年もここからの生産性はないに等しい年になってしまった orz
 そもそもにして、ここblosxom の プラグインやらフレーバーやらを実験するために立てたのだが、 今年は bsnap_asin プラグインProduct Advertising API 対応 くらいで、ちょっと本来目的の生産性という意味では低すぎ。

 トップページMODx を導入してみたものの、 それっきりだし、やりたいことの目処は立ったのに、 やりきれてないし。
 何よりいじくり倒したことを PukiWiki の方 に 反映できていないものだから、さらにたちが悪い。
 少ない時間で突貫でやると、結果だけが残って成果が残らない。う~ん反省 orz

 そもそもにして本業が忙しすぎるのがいけないんだ!

 って、それを言っても過ぎた時間は戻ってこない(言いたいだけって話もある)ので、 来年こそはもうちょっとオリジナリティーのある成果を残したいものである。

 なんで こっち でこんな話をするかって? むこう は表面なので、 できるだけダークな面は出さないでおきたいので。
 別に こっち を ダークでマッディーなサイトにする気はないのだが…そうならないように、 来年こそはちょっとぱっとした成果を…それには時間が… Never Ending Story...
-----
# そもそもこんなことを書いている時点で、今月 こっち のネタがないと言うことが バレバレって話 (_ _;>
Posted on Nov 07, 2009 at 14:43

サーバを移転します

 MODx の導入に目処がついた と言った舌の根が乾かないうちに、いきなりこけました orz
 よくよく調べてみると MySQL の バージョンが 4.0.x 系なので、うまくいったように見えても実際、アクセスしてみるとだめで、 よくよく MODx の Requirements を見てみると「 4.1.20 or newer 」と書いてあるではありませんか…

 悩みましたが、MySQL の バージョンが v5.1.22 が導入されているサーバーに 急遽引っ越しを敢行します。
 DNS の設定もし直しますので、当面、通常の閲覧が不安定になる可能性があります。 また、引き続き MODx の導入も行いますので、 当面、このサイト を ご覧いただく方にはご迷惑をおかけしますがご容赦ください m(_ _)m

 さぁはじめるど!!!
Posted on Nov 06, 2009 at 23:26

MODx 始めます

 MODx で 現在のトップページを再現する目処は、 PETIT POWER/w.ZeRo の中の人に pieX を少し機能アップしてもらったことで立ちました。
 そして、現在、間借りしているサーバへ導入する目処は、 MySQL の バージョンが 4.0.x 系であるために多少混乱しましたが、何とか立ちました。
 v1.0.2 のリリースをまとうかとも思いましたが、 何度か仮想環境や本番環境でインストールの実験を繰り返し、 ある程度ノウハウもたまったので、 そろそろ導入を開始したいと思います。

 なにぶん、まだドキュメントの少ない CMS なので苦労してます。久々に。
 しかし、 MODx といい、 blosxom といい、 なぜマイナーなツールばかりを選んでしまうんだろう。。。 我ながらあきれます。
 まぁ自分が楽しいのでそれでいいんですけど。。。 f^^;

 blosxom が稼働している サーバに上から MODx を かぶせますので、おそらくなんですが、 ここPhotolog でページよってうまく閲覧できない 現象が一時的に起こる可能性があります。ご容赦を。

 うまくいけば、MODx という 新しいツールに加えて、これを利用して blosxom の 管理も楽になるはず…以上、入らぬ狸の皮算用。
Posted on Oct 16, 2009 at 18:02

pieX v0.7

 MODxうちのトップページ を再現するにあたって、 各ページの RSS フィードを取得して表示する部分を スニペットの勉強もかねて pieX を使って再現することにしました。

インストール
 アーカイブから class.html2text.inc, simplepie.inc, simplepie_hatena.inc の三つをとりだして、 assert/snippets ディレクトリ以下に simplepie ディレクトリを作成してアップロード
スニペットの登録
「 pieX 」をスニペット名として、アーカイブから取り出した piex.snippet.php の中身を 丸ごと貼り付け。
 プロパティとして、同じく piex.snippet.php ファイルの中に書いてある Sinippets property の 内容を丸ごと貼り付け
チャンクの用意
  テンプレート用のチャンク( px_template の名前で登録)の準備。少々小細工ありの中身は以下参照。

pieX テンプレート用チャンク
<dl>
  <dt><a href="[+permalink+]">[+title+]</a>
  </dt>
  <dd><a href="[+permalink+]">[+permalink+]</a>
    <table>
      <tr>
        <td rowspan="2"><a href="[+permalink+]"><img
          src="http://capture.heartrails.com/medium?[+permalink+]"
          alt="[+title+]"></a>
        </td>
        <th>最近の更新</th>
      </tr><tr>
        <td>
<!-- start -->
          [+date+] <a href="[+permalink+]"  title="[+description(text,128)+]">「
          [+title(text,32)+] 」</a><br />
<!-- end -->
        </td>
      </tr>
    </table>
  </dd>
</dl>
ここまで準備すればドキュメントに以下のように記述すればコールできるはず。。。
[!pieX? &url=`http://feeds.feedburner.com/ellinikonblue/weblog` &tpl=`px_template` &max=`5`!]
おそらく (^^;>

 ここのトップページ を改装するときに確認して、 Ellinikonblue.com PukiWiki の 方にまとめるときは正確な情報にします。あしからずご容赦を… m(_ _)m

参考文献など:
PETIT POWER/w.ZeRo 「 pieX Ver0.7 リリース」
Let's enjoy MODx 「 pieX (0.6.1) 」
Posted on Sep 29, 2009 at 00:08

MODx の話もここですることにします。

 ずいぶん前に(本人的にはちょっと前のつもりですが…)、 あっちMODx いじりをしているという 話をしました が、 ぼちぼち目処が立ってきたときに、実験していた環境がうまく動作しなくなりました。
 不幸な話…

 ではなくて、だいたい目処が立ってきたことと、 メモ的にどこに情報を記そうかと考えたところ、 大目標は blosxom との 連携と言うことで、こっちに書くことにしました。

 ひとまず、 うちのトップページ はほぼ再現できたので、 そろそろ こっちのドメイン を使って、 改装を始めます…


年内には…たぶん (^^;;;>
Posted on Aug 24, 2009 at 23:51

Markdown ってなに?

「 『 Google Insights for Search 』日本語化、未来予測機能も公開」INTERNET Watch より)

 ということで、Google Insights for Search で 検索ワードとして「 blosxom 」を 分析した結果
 まぁ、上記の検索結果は普段から何となく想像はつくことなんですが、 その関連情報に注目検索クエリとして「急激増加」となっていた 「 blosxom markdown 」
 Markdown ってなに?気になって調べますと…

hail2u.net 「 Markdown 」
にーやんのブログ
「 Markdown を Blosxom のプラグインとして使用する」
「 Markdown のシンタックス」
チェリオメアリー 「 Markdown 入れた」

 要は Wiki みたいに簡単に HTML を記述してしまって、 それが blosxom で使えて便利だねと。
 う~確かに便利そうだけど、記述シンタックスを見ていると、 うちの bracket_fep プラグイン と もろにコンフリクトしそう。。。
 一応こういうものがあるといことは覚えとく。。。ということで。

 しかし、私が今頃になって調べている話を hail2u.net では 5 年も前の話題。。。 やっぱりこの中の人はすげー。。。
Posted on Aug 20, 2009 at 00:19

PubSubHubbub for blosxom

「 ライブドア、ブログと RSS リーダーの時差解消に『パブサブハバブ』対応」BB Watch より)

「ぱぶさぶはばぶ」?何の呪文だと思ったら RSS や Atom フィードの流通に 即時性を持たせるためのプロトコルだそうで、 Google の社員が時間のあるときに考えたという代物。
# 時間のあるときにそんなものを考えるという思考モチベーションには感服します m(_ _)m

 確かにブログなどのフィード配信側 (Publisher) から 購読者側 (subscriber) 、例えば Google Reader などに 更新したことを通知するには更新 Ping を発信するという方法がメジャーな方法としてありますが、 これだとスケーラビリティの問題や、購読者側の存在を配信側はすべて知っていないといけないといった 現実的に解決不能だと思われる問題、そして何より悪意のある配信元からの Ping なども 購読者側が独自に対策を講じなければならないなど、ぱっと思いつくだけでいくつか問題があることがわかります。

 これらの問題をハブ (Hub) という中継ノードを設けることによって解決しようという仕組み。

 アイデアとしては nice だと思ったりするので、早速、 blosxom で何とかならないか と思って調べてみたら、すでに WordPressWP Pubsubhubbub という プラグインがあるので、このソースと、 Google からのドキュメントを読めば、 何とかなりそうな感じ(<錯覚かもしれない f^^; )。。。 ちょいと時間のあるときに考えてみようと思う次第。
# Google の社員ほど思考モチベーションは高くないので いつになるかわかりません…あしからず…
Posted on Aug 15, 2009 at 12:18

Google AJAX Libraries API

 最近、 Firefoxv3.5 に 移行してここ だけで使っている bsnap_lt プラグインが動作していない、正確に言うと Lightbox2 が 動作していないことに気がつきました。
 しかも IE 8 でも動作せず、 しかし、SafariGoogle Chrome なら動作するという ひじょーに気持ち悪い現象。

 オチを先に言うとスタイルシートを読み込む際のメディア指定するときの記述が、
<link rel="stylesheet"
  href="/Common/javascript/lib/lightbox2/css/lightbox.css" type="text/css" media="screen.tv" />
という具合になっていて、これが Firefox v3.5 になって 厳密に判断され、スタイルシートを適用していなかったというお話でした。
 こまけーよ!と負け惜しみを言ってみます。

 このときいろいろ悩んだ際に、おざなりで放置していた JavaScript ライブラリの バージョンをまず疑ったわけですが、今後、いちいち何かあるたびにバージョンアップの作業が面倒になったので、 AJAX Libraries API を 使ってみることにしました。
 これは prototype.jsscript.aculo.us などのメジャーな JavaScript ライブラリを Google さんがホスティングしてくれ、
  <script src="http://www.google.com/jsapi"></script>
  <script>
    google.load("prototype", "1.6");
    google.load("scriptaculous", "1.8");
  </script>
こんな感じで記述するとライブラリを読み込めるというもの。
 一々、自前で落としてきてアップロードなどしなくていいというメリットの他に、 例えば prototype.js は現在の最新版が v1.6.0.3 な訳ですが、上記のように 1.6 とか指定しておくと、 現状最新版を引いてくれる他、1.6.1 がリリースされ Google 側にアップされると、 自動的にアップしてくれるという便利さ。

 ちょっと前から知ってはいたのですが、なぜこれまで使ってこなかったかというと、 どうも「自動」とか言う言葉があんまり信用できなくて… すみません古い人です orz  ついでにいろいろ探し回っていたときに、 syntaxhighlighter という JavaScript も発見。
 おもしろそうなので、近々、 ここ で実験的に使ってみる。

caraldo.net 「 ソースコードを綺麗に表示する JS 『 dp.SyntaxHighlighter 』」
THE HAM MEDIA 「 SyntaxHighlighter2 のカスタマイズ方法」

 最後に bsnap_lt プラグイン 復活記念に一枚。
Image:20090815GUNDAM.jpg
Posted on Jul 04, 2009 at 15:25

bsnap_asin: Product Advertising API 対応…勝った

 bsnap_asin プラグインProduct Advertising API 対応、 何とかできたみたいです。
 ここ一週間ぐらい、 ここEllinikonblue.com Weblog で 試験を続けましたが、特に問題なく動いているようです。
 やっと「勝った」って気分です (^^)b

 うまくいかなかった大きな原因は、XML の名前空間の問題。
 XSL スタイルシート中に記載していた以下の部分
<xsl:stylesheet version="1.0"
  xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform"
  xmlns:aws="http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2005-07-26">
とリクエスト時に渡す Version 引数で同じ日付を指定しなければならず、 これを新しい日付にしていたら、そもそもその日付に名前空間が Amazon 側にないという、 ならどの日付の名前空間ならあるんだとちょっと調べてみましたがこちらで見あたらず、 結果、以前使っていた日付の名前空間を利用してみたところやっとうまくいきました。
 この Version の指定で帰ってくる XML の内容も違うので、 ちょっと時間をおいてじっくり見直して新しい XSL スタイルシートも考え直したいと思います。
# ひとまず今回はこれまでと同じ「 2005-07-26 」の名前空間を使っています。

 ひとまずどうにかこうにか 8 月以降も Amazon アソシエイト Web サービス 続行可ということで。 ほっ f^O^;
# ここまでの成果は近々、 Ellinikonblue.com PukiWiki の方で 公開いたします。