最近、 Firefoxv3.5 に 移行してここ だけで使っている bsnap_lt プラグインが動作していない、正確に言うと Lightbox2 が 動作していないことに気がつきました。
 しかも IE 8 でも動作せず、 しかし、SafariGoogle Chrome なら動作するという ひじょーに気持ち悪い現象。

 オチを先に言うとスタイルシートを読み込む際のメディア指定するときの記述が、
<link rel="stylesheet"
  href="/Common/javascript/lib/lightbox2/css/lightbox.css" type="text/css" media="screen.tv" />
という具合になっていて、これが Firefox v3.5 になって 厳密に判断され、スタイルシートを適用していなかったというお話でした。
 こまけーよ!と負け惜しみを言ってみます。

 このときいろいろ悩んだ際に、おざなりで放置していた JavaScript ライブラリの バージョンをまず疑ったわけですが、今後、いちいち何かあるたびにバージョンアップの作業が面倒になったので、 AJAX Libraries API を 使ってみることにしました。
 これは prototype.jsscript.aculo.us などのメジャーな JavaScript ライブラリを Google さんがホスティングしてくれ、
  <script src="http://www.google.com/jsapi"></script>
  <script>
    google.load("prototype", "1.6");
    google.load("scriptaculous", "1.8");
  </script>
こんな感じで記述するとライブラリを読み込めるというもの。
 一々、自前で落としてきてアップロードなどしなくていいというメリットの他に、 例えば prototype.js は現在の最新版が v1.6.0.3 な訳ですが、上記のように 1.6 とか指定しておくと、 現状最新版を引いてくれる他、1.6.1 がリリースされ Google 側にアップされると、 自動的にアップしてくれるという便利さ。

 ちょっと前から知ってはいたのですが、なぜこれまで使ってこなかったかというと、 どうも「自動」とか言う言葉があんまり信用できなくて… すみません古い人です orz  ついでにいろいろ探し回っていたときに、 syntaxhighlighter という JavaScript も発見。
 おもしろそうなので、近々、 ここ で実験的に使ってみる。

caraldo.net 「 ソースコードを綺麗に表示する JS 『 dp.SyntaxHighlighter 』」
THE HAM MEDIA 「 SyntaxHighlighter2 のカスタマイズ方法」

 最後に bsnap_lt プラグイン 復活記念に一枚。
Image:20090815GUNDAM.jpg